Sei Ruote e Fotografie  2+4=6輪写真日記

seiruote.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 08日

Return;復帰

前回色々とトラブルがあって車検からようやっと戻ってきたBeatですが、またまたトラブルに・・・・・

新機種が納入されて、ようやっとカミさんの手を離れようやっと自分の手元に戻ってきたBeatですが
1週間乗り終えてGASを補給しようとしたら、なんだか違う針が上の方に・・・・
オーバーヒート?じゃないですか。
b0190265_23484022.jpg
既に、ディーラーも閉まっている時間なので、何ともしようがなく
神様に無事に着けるようにお祈りしながら、なんとか自宅に帰り着くことが出来ました。
そういえば、受け取ったときからインパネの裏側の方からゴボゴボとエア咬みの様な音がしていたなぁ。
今回の車検でカム交換の際に、タイミングベルトとウォーターポンプの交換をして、
更にラジエター液が古いということで交換したと言っていたなぁ。
その時のエア抜きが不完全で何処かに大きくエアが溜まって水温が上がった?
それとも、abemaさんのように水温センサーSW故障でラジファンが回らない???
色々と原因を考えましたが、どうにも出来ないので翌朝ディーラーに持っていくことに。

翌朝、ラジエターのサブタンクを確認したところ、ラジエター液が全く入っていない状態です。
ディーラーに朝一番でゆっくり走って移動したのですが、
普段は5km程度の移動ではピクリとも動かない水温計が早くも半分より上を指す。
インパネの裏側の方から相変わらずゴボゴボと音が・・・・
明らかに冷却水が少ない事が予想されます。

ディーラーの営業開始時間に飛び込み、フロントに「オーバーヒートの症状が出た。冷却水不足、エア抜きが不完全らしい」と伝えて緊急対応をお願いました。

しばらく待たされて、サービスマン氏が説明に・・・・
「取り敢えず、エア抜きを完全にしたのでだが、他に原因がありそうなので
営業終了日の12/26に確認の為に来て下さい」とのこと
なに、それ、ほかの原因って???
「ヘッドガスケットが抜けている可能性が・・・」
「ガスケットが抜けているなら、オイルに混じって白濁するのでは?」
「いや、下ではなく上から漏れていると、燃焼室に入って一緒に燃えちゃいます。
白煙を吹くことがあります。
この型のエンジンはその傾向が・・・・」
「え〜って」
「取り敢えず、冷却水の量に気をつけてください」
と、不安な事象の説明を受けて帰りました。

で、土日を挟んで月曜日に会社の往復。
心配だったので、翌朝に冷却水の確認をすると、サブタンクの水が減っている感じ・・・
でも、サブタンクが古くなっているので良く見えません。
しかし、そのまま会社に行ったら、悲惨な結果になりそうだったので147で出社。
会社から、ディーラーに連絡。
サービスマン氏曰く「冷却水を多めに入れたので、サブタンクに残っていれば大丈夫です」
もう一度確認をして、連絡することにして・・・
帰宅してから、サブタンクに懐中電灯で光を当ててみたら、全く入っていない状況。
翌日はディーラーはお休みなのでFAXを入れて、木曜日の朝、連絡を待ちます。
しかし、全く連絡が来ない。
どうなっているんだと、ディーラーに連絡したら、サービスマン氏はお休みとの事(怒)
FAXを入れたのに、それを誰にも引き継いで居ないとは・・・・(;´д`)トホホ…>
サービス体勢がなってないですね。
出かける用事があったので、少し嫌味の文句を告げて、夕方に再度連絡するとしました。

夕方にディーラーに連絡したところ、ようやっと、内部で連絡が繋がったようで
しばらくしてから、買ったときの営業マン氏より連絡。
直ぐに引取りに行きますと・・・・
しばらくしてから、ローダーで営業マン氏が引取りに来ました。
状況を伝えたところ、「判りました、任せてください」と不安な気持ちを拭う様な一言。
こういう時の一言って大事ですね。
それ以上の文句を言う気持ちが、スッと晴れました。

翌々日の土曜日にサービスマン氏より連絡。
どうも、原因が判ったらしい。
しかし、確実にテスト走行などもしたいので年明けの5日まで待って欲しいとの事。
しっかりと見て欲しい事を告げて、Beatくんはディーラーで年越しとなりました。

そして、年明け。
翌日から会社に出社という夕方に、ようやっとディーラから治ったとの電話。
早速、引き取りに行ってきました。
b0190265_893332.jpg
原因はなんとラジエターのサブタンク。
コレがメンテナンス時に傷つけたのか、老朽化なのか、水漏れを起こしていて
ラジエター液が無くなる事象を引き起こしていたらしい。
通常のサブタンクは簡単な樹脂製でペナペナしているのですが、Beatのヤツは結構硬い樹脂製。
キャップもラジエターと同じ加圧するタイプです。
で、この前言っていたヘッドガスケット抜けの可能性について聞いてみると
「調べたところ、殆ど無いということが判りました。
同じ形式のエンジンでもガスケットの部番が違うので改良されているようです。」だって・・・・・
なんとも、人を不安に陥れて・・・・

そのお詫びって云うことなのか、帰り際に福袋をくれました。
中身は
b0190265_16294722.jpg
こんなモンです。

オープンの時のひざかけに有り難く使わせて頂いています。
b0190265_16312085.jpg


その後、約1週間乗っていますが、ラジエター液も目に見えて減らないので、大丈夫なのかなぁと
b0190265_23482017.jpg

[PR]

by sei-ruote | 2011-01-08 23:36 | Beat


<< 21と12      11新春新旧電波塔ツーリング >>